Artists&Concert Management
  • Home
  • Japanese
  • English

  • Eurassic ユーラシック
  • News ニュース
  • Artist Index アーティスト
  • Concert Information コンサート情報
  • About Eurassic ユーラシックについて
  • Link リンク

Home > ニュース > アメリカのチェリスト、アリサ・ワイラースタインがユーラシックのアーティストに加わりました。

ニュース

2013.11.19

アメリカのチェリスト、アリサ・ワイラースタインがユーラシックのアーティストに加わりました。

いまもっとも世界が注目しているアメリカのチェリスト、アリサ・ワイラースタインがユーラシックのアーティストに加わりました。幼少から天才少女として活躍し、シカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィル等アメリカのメジャーと共演を重ねるだけではなく、サンクトペテルブルク・フィルとの共演、更にはダニエル・バレンボイム指揮ベルリン・フィルのヨーロッパ・ツアーのソリストに抜擢されエルガーのチェロ協奏曲を演奏、このオクスフォード公演は世界中にライブ放送されDVDにもなった。また2012年、バレンボイム指揮ベルリン・シュターツカペレとエルガーとカーターのチェロ協奏曲を録音、20131月にヨーロッパの名門レーベル、デッカ・クラシックからリリース。

アリサ・ワイラースタイン 
公式ウェブサイト http://alisaweilerstein.com/

プロフィール

アリサ・ワイラースタイン:チェロ 
Alisa Weilerstein: cello

4歳でチェロを始める。1995年10月、13歳でクリーヴランド管弦楽団にデビューしチャイコフスキーの「ロココの主題による変奏曲」を演奏。06年、レナード・バーンスタイン賞受賞。08年、優秀な演奏に対して贈られるリンカーンセンターのマーティン・E・セーガル賞受賞。2010年、ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートのソリストとして、イギリスのロンドン、オクスフォードでダニエル・バレンボイム指揮の下、エルガーの「チェロ協奏曲」を演奏。またオクスフォードのコンサートは世界中にテレビでライブ放送されまたDVD化もされる。09年11月、オバマ大統領夫人主催のホワイトハウス・クラシック音楽イベントの演奏者に選ばれ、オバマ大統領と招待客の前で演奏する。10年8月、オスモ・ヴァンスカ指揮/ミネソタ交響楽団とBBC プロムスに登場しショスタコーヴィチの「チェロ協奏曲第1番」を演奏、続いて11年春、ユーリー・テミルカーノフ指揮/サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とニューヨークのカーネギーホールなど14の都市でこの協奏曲を演奏。これまでにベルリン・フィル、シカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィル、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、パリ管弦楽団、シュターツカペレ・ベルリン、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、イスラエル・フィル等と共演。共演指揮者は、ダニエル・バレンボイム、ロリン・マゼール、グスターヴォ・ドゥダメル、ズービン・メータ、ヘスス・ロペス=コボス、パーヴォ・ヤルヴィ、クリストフ・エッシェンバッハ、イツァーク・パールマン、など錚々たる顔ぶれである。2013年1月、デッカ移籍第1弾アルバム、エルガー&カーター:チェロ協奏曲(バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン)をリリース。

ポール・ルイス


戻る

ユーラシック〒151-0064 東京都渋谷区上原1-17-3-103
お問い合せ:mail@eurassic.jp